見出し画像

「つながれ!にほんごの和」外国人留学生たちが日本語で夢を語る「京進ランゲージアカデミー全国合同スピーチ大会」が開催されました!

京進グループが運営する日本語学校 京進ランゲージアカデミー(KLA)は、全国に10校を展開しており、2022年9月現在2,700名を越える留学生が日本語を学んでいます。
 
9月2日(金)、京進ランゲージアカデミーの一大イベント第6回 KLA全国合同スピーチ大会 が開催されました。
このスピーチ大会は、京進ランゲージアカデミーに通う留学生の中から各校の代表者が選ばれ、それぞれの夢や日本への思いについて日本語でスピーチを行うというものです。
「つながれ!にほんごの和」をテーマに2016年に第1回を実施、留学生たちの学習の成果を仲間たちと共有する場として毎年開催されてきました。
2020年は新型コロナのため開催できませんでしたが、何とかして留学生たちの成長の場を設けたいとの思いで、昨年は全国の拠点をオンラインでつないで開催されました。
今年は東京の「国立オリンピック記念青少年総合センター」で近隣のKLAに通う留学生を招いて実施。3年ぶりの有観客開催となりました!
 
また、当日会場に来ることのできない遠方の学生のために、You Tubeを使ってライブ配信も実施。全国のKLAの学生が仲間のスピーチをリアルタイムで見守りました。
 
この大会は出来る限り学生が主体となって運営しており、ポスター作成などの準備から当日の司会まで留学生たちが行っています。
発表の前には、日本語学校で一緒に学ぶ留学生たちからのあたたかい応援メッセージがスクリーンで流されました。
 
当日の発表者の中から、見事受賞したのはこちらの3名です。

金賞 OLJ校 
リュウ カホウさん(中国)
スピーチのテーマ「ちっぽけな幸せ」
ボランティア活動での体験をもとにリュウさんの考える「幸せ」についてのスピーチ。病気を抱えながらも前向きに生きるボランティア仲間と出会ったことで、幸せへの考え方が変わったそうです。本当の幸せは誰かに何かをもらうことではなく、自分をささげることだと考え、人のために役立てる医者になるために日本へ来たことを話してくれました。

銀賞 大阪校
ムハッマド グギ アモウレスナさん(インドネシア)
スピーチのテーマ「人に忘れられないように」
インドネシアに住んでいた時のおばあさんとの思い出を、グギさんの好きなアニメ「ワンピース」の言葉とともに紹介。とても心温まるスピーチでした。

銅賞 京都中央校
オマン カール オスカーさん(スウェーデン)
スピーチのテーマ「日本人との距離感」
日本で生活する中で感じた様々なことを、スウェーデンから来たオスカーさんならではの視点で語ってくれました。

どのスピーチも、留学生の夢や目標、日本への思いがそれぞれの言葉で語られた素晴らしい内容でした。
世界の色々な国から日本へやってきて、「学びたい」という強い気持ちをもって努力し続ける留学生たち。きっと将来、日本だけでなく世界で活躍する人材となるのだろうなと感じた1日でした。

受賞された皆さん、おめでとうございます。京進はこれからもスピーチ大会などのイベントはもちろん、日本語学校での授業やカウンセリングなどを通じて、夢に向かってがんばる留学生たちを心から応援していきたいと思います。

発表者一覧(※欠席は審査対象外)


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!