見出し画像

つながれ!にほんごの和 第6回KLA日本語作文大会、受賞者決定

#オープン社内報

京進の日本語学校KLAは、「日本と世界の架け橋となる人材を育成する」ことをミッションとして、多くの外国人留学生の日本語指導を行っています。学生一人一人に寄り添い、学生それぞれの目標達成と成長を支援できるように、職員全員が考えています。

毎年恒例になっている、外国人留学生たちがテーマに沿ってそれぞれの思いを日本語で綴る、KLAを代表するイベント「第6回KLA日本語作文大会」が今年も行われました。昨年11月から12月にかけて、KLA国内外の全11校から作品を募集、応募総数217通の中から、初級の部、中級の部それぞれ金賞1名、銀賞1名、銅賞4名が2月に決定しました。
 
今回の作文テーマは「出会い」。
ようやく来日が可能となり、日本での留学生活をスタートさせた学生には多くの出会いがあったことでしょう。出会いによって感じたことや生まれたもの、成長へのきっかけとなった出会いなどについて、作文に取り組みながら思い返してほしいという願いもありました。

初級の部・金賞のチョウ ガイさん(OLJ校/中国出身)は、子どもの頃に優しく諭してくれた父親との思い出から、両親への感謝の思いや両親と出会えた幸せについて書かれています。

中上級の部・金賞のコウ ミョウケイさん(新宿校/中国出身)は、母国の大学で3年生の時に参加したインターンシップで出会った人たちとのエピソードから、仕事に対しての考え方や姿勢の違いで感じた異文化や、人をほめるたり感謝を伝えることは周囲を幸せにすると思ったことについて綴っていました。

金賞受賞作品はこちら

入賞者の作文には、家族やアルバイト先といった周囲の人たちとの出会いや、この1年を振り返って新しい自分と出会ったことなど、様々な「出会い」が、感謝や感動、異文化への驚きなどと共に書かれています。また、「書くことが楽しかった」「一生懸命書いたので受賞できてうれしい」と、考えたことを日本語で作文にする楽しさも感じてもらえたようです。

KLAでの留学した学生たちが、将来世界中で活躍してくれるのが楽しみですね。

■入賞者:
【初級の部】
🥇金賞
チョウ ガイ「両親との出会い」(中国/OLJ校)
🥇銀賞
ウ シテツ「プロローグでの出会い」(中国/OLJ校)
🥇銅賞
ヨウ エン「母の手料理との出会い」(中国/OLJ校) 
リ キンコウ「出会い」(中国/OLJ校)
リ ヘイシン「忘れられない出会い」(中国/OLJ校)
ブイ ティ ヒエン「出会ってから心に残ること」(ベトナム/名古屋北校)

【中上級の部】
🥇金賞
コウ ミョウケイ「ディズニーのインターンシップに会う」(中国/新宿校)
🥇銀賞
ムハッマド グギ アモウレスナ「猿の恋との出会い」(インドネシア/大阪校)
🥇銅賞
リ シンウ「出会い」(中国/OLJ校)
リョウ カトウ「澤田先生との出会い」(中国/OLJ校)
サンチェーズ マリノール マカラギング「夢を生きている」(フィリピン/びわこ校)
テイエウ ティ フオン「アプリで第二の父との出会い」(ベトナム/大阪校)

■京進の日本語学校KLAについて詳しくはこちら
https://www.kla.ac/jp/  


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!