見出し画像

楽しみながらプログラミングを学ぶ!「情報Ⅰ」の得点力UPに!京進の大学受験TOPΣ全校で「情報AIドリル」を導入

#オープン社内報

京進の大学受験TOPΣでは、楽しみながらプログラミングを学べる教材「情報AIドリル」を全校で導入することになりました。高校生の学びを支援するTOPΣとしては、新しく科目に加わった「情報Ⅰ」の学習をバックアップ。将来の入試にも必ず役立ててもらえると思います。
 
昨年4月から高校の共通必修科目となった「情報Ⅰ」。プログラミングやデータの活用を学ぶ科目で、2025年度の大学入学共通テストからは試験科目となり、多くの国公立大学や一部の私立大学が科目の導入を公表しています。
京進の大学受験TOPΣでは、高校科目「情報Ⅰ」の学習対策として2023年6月よりこの教材を全校で導入します。近畿の大手塾で導入するのは初めてです。

この教材の導入に深く関わってきた京進教務部の担当者山田さんに、導入の決め手やこれからの期待をお聞きしました。

京進教務部 山田さん

「情報AIドリル」は、生徒ひとりひとりの弱点を繰り返し学習でき、手を動かしながら学べことでプログラミングが苦手でも楽しく学ぶことができる教材です。「自ら学ぶ力を引き出す」「遊ぶように学ぶ」といったTOPΣが大切にしている教育の実現にもつながることや、プログラミングを「体験」できる点などが、「情報Ⅰ」という科目を学習するのに大変有効だと考え、導入することになりました。
 
TOPΣでは、「情報AIドリル」で、高校生が早い時期から「情報Ⅰ」の学習定着を図り、大学入試などでの得点力アップにつなげることだけでなく、将来、社会に出てからも必須となってくるプログラミングや情報分析などの能力の基礎作りとなることもねらっています。

TOPΣで学んだ子どもたちが、自ら未来を切り開いて活躍してくれることを願っています!

■京進の大学受験TOPΣについて詳しくはこちら
https://www.kyoshin.co.jp/high/


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!