見出し画像

京進フランチャイズ事業部の「社内開業支援制度」を知っていますか?

京進のフランチャイズ事業部では、 京進の社員がフランチャイズオーナーとして「京進スクール・ワン」を開業する場合に加盟金の免除や各種研修など様々な援助が受けられる「社内開業支援制度」を設けています。対象者は、勤続5年以上かつ30歳以上の正社員で、社内審査を受けて承認された方がこの制度を利用することができます。

京進スクール・ワンでは、毎年複数校のフランチャイズ教室が開校しており、その中には社内開業支援制度を利用して独立するFCオーナーの方もたくさんいます。昨年度は4教室、累計で15名がこの社内開業支援制度を使って開業されました。支援制度を使って開業した社内開業者から、今後独立を考えている方へのメッセージをいただいきましたので一部ご紹介します。


・やろう!と思った時は飛び込むといいと思います。否が応でも成長できる環境になるわけですから。

・不安もあるかと思いますが、FC事業部のサポートもしっかりしているので、教室運営に自信があれば独立することをお勧めします。

・人生の選択肢の一つだと思います。なにかしら独立開業を考えているなら、京進のこの制度はかなり良いと思います。助けてくれる人たちもいっぱいいます。自己資金は多いほうがいいです。少ないと不安になります。


また、それ以外にも、教育業界からだけでなく様々な経歴の方がフランチャイズオーナーとして開業しています。FCオーナーとして開業された方の声を一部ご紹介します。


・コンサルタントや本部の方がノウハウやシステムに関する部分はもちろん、生徒の成績をあげる方法から経営面に関することまで、全てサポートしてもらえる。(兵庫エリア 細谷オーナー)

・京進は「どこでも教室を出していい」ということではなく、エリア内の他のオーナーと客層がかぶらないように細かく考えている。『ひとりひとりを大切に』は、『ひとつひとつの教室を大切に』と読み替えられるくらい、着実にサポートしていこうという姿勢を感じた。(愛知エリア 後藤オーナー)

・契約締結から電話のロープレまで、ひとつひとつに凄い時間をかけてくれる。それぞれのプロセスで話を聞いてくれたり、足を運んでくれたりするという点でとても信頼感がある。その安心感は企業としてずば抜けていると思います。(大阪エリア 鈴木オーナー)


インタビューの続きは、リニューアルしたFC加盟募集ウェブサイトでご覧いただけます。

フランチャイズ事業部では、教室長という立場で地域の子どもたちの成長のために活躍してくれる人材を探しています。今後、独立も視野に入れて自身のキャリアプランを描いている方は、ぜひ制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今年度の社内開業支援制度は9月30日(金)まで申請が可能です。

また、「来年度は考えていないけど、いずれは独立したいと考えている」という方など、少しでもご興味がある場合は、フランチャイズ事業部までお気軽にお問合せください。

【社内開業支援制度に関するお問合せ先】
京進 フランチャイズ事業部
Tel:075-341-1930
Mail:fcs1@kyoshin.co.jp

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!