見出し画像

2022年1月連載スタート!株式会社京進が京都新聞ウェブサイトにて教育コラムを担当します

この度、2022年1月より株式会社京進が京都新聞ウェブサイトで、京都・滋賀の小中学生の保護者の方に向けて、教育コラムを担当、配信することとなりました。コラムは月に1回以上配信し、人気コラムを抜粋して4月からは京都新聞掲載紙面にも掲載が始まっています。


今回は、京都新聞社から依頼されて担当することになった【京進の進学コラム】について、掲載開始のお知らせとその裏話をお届けします。


2021年夏、京都新聞社の編集局の方からご連絡があり、“京都・滋賀で多くの教室を運営し、長く実績を上げている京進さんに、ぜひ京都新聞WEBに掲載する教育コラムの執筆をお願いしたい”とのお話をいただきました。

京進には、長年の実績やノウハウがあるものの、定期的な執筆となると社内で多大な労力がかかることとなります。実際にご担当をいただく教務部と話し合いの上、執筆のお話を受けることとなりました。


コラムの掲載にあたっては、入試教育情報課の多大なるご尽力の元、発信スケジュールの提案、コラム原稿の提供を行い、掲載画面イメージについて何度もやり取りを行った後、掲載されています。

コラムの情報提供は入試教育情報課から

入試教育情報課からのコメント
「「京進」の名前を背負って執筆することとなり、緊張も高まりましたが、広報部の指導を受けつつ、京進のブランドイメージ向上につながるよう努めて参ります。ひいては、各事業所への問合せの一助となればと思っております。」


第1回目最初のコラムは、2022年1月9日に「中学入試の受験日程どう組み立てる?京都・滋賀の公私立中学目指すなら」と題し、京都・滋賀の中学入試についてお話ししています。

続いて第2回目は、2022年2月1日に「【滋賀】滋賀県の高校入試で知っておくべきポイントは?私立高校との併願がカギ」、2月3日に「【京都】京都の高校入試、志望校選びのポイントは 模試より学校の成績が大事なワケ」を配信しています。


新聞社に定期的にコラム執筆されるということは、世の中に対して有意義な情報発信が可能な知識やノウハウのある会社である、と一般に認められているという証拠。改めて、そのような会社の一員であるという誇りを感じることができました。また、世の中に対する責任と自覚を持って、日々業務に取り組んでいただく必要があると襟を正さねば、、、と思いました。

今後も、受験に関するお悩みや疑問解決につながる情報を配信していく予定です。


掲載記事はこちら↓

第1回目 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/702067

第2回目滋賀 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/720375

第2回目京都 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/720345

【ご注意】記事を全文読むには、京都新聞IDの会員登録(無料会員)が必要です。


【京都新聞ウェブサイト】

京都・滋賀エリアを中心に日々の出来事や話題を情報発信しています。

地元密着型ながら全国から注目されるコンテンツを多数有する点で、地方新聞社ならでは、また観光都市京都ならではのサイトになっています。

教育のニュースをまとめている「教育のページ」では、京都・滋賀の教育関連のニュースや情報を日々更新しています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!